胡蝶蘭やバラ花束の通販サイト|フラワーショップ花*花

胡蝶蘭や室内装飾の通販サイトならフラワーショップ花花

ご注文・お問い合わせ

WEBで
24時間受け付け
» ご注文の流れはこちら
お電話で
03-6435-3257
※FAXでのご注文は受け付けておりません。

営業時間 10:00〜17:00

(平日 月曜日〜金曜日)

17時以降のご注文は翌日扱いになります


  • カートを見る
  • 配送方法
  • なでしこフラワーワークスへのお問い合わせ
  • お支払い方法
  • なでしこフラワーワークスへのよくある質問

バラの花を長持ちさせるには


花束はプレゼントとして贈ることが多いです。特に女性への贈り物として人気が高いのが、バラの花束です。バラは美しいのですが、すぐに枯れてしまった、という経験をお持ちの方はいらっしゃるのではないでしょうか。バラは他の花に比べて水の吸収率が悪く、すぐに枯れてしまうのが特徴です。花束は花に負担をかけています。長く花の美しさを楽しんでもらうには、すぐにラッピングをはずして花瓶に生ける事です。バラの切り花を長持ちさせるコツについてご紹介します。


バラの花束を長持ち

水切りをする

花束にされているバラの花がしおれた時は、新聞紙などを使って花を巻き、茎を真っ直ぐに整えましょう。バケツに水を入れて茎を水に浸します。水に浸した状態で、茎を1センチほど斜めに切ります。こうすると水の吸収率が高くなり、花が再び生き生きしてきます。


葉の処理

水に浸かる葉は全て切り落とすようにしましょう。水に浸かったままの葉は水腐れをおこし、水を汚す原因となります。また、茎の下部分の色が変色してきたら、その部分は切り落としてしまいましょう。新鮮な茎は水の吸収率も良くなるので、花が水をよく吸うようになります。


水は毎日変える

水が汚れていると花はすぐに弱ってしまいます。毎日新鮮な水に変えるだけでも花は長持ちします。花瓶のぬめりも綺麗に取るようにしましょう。茎を触ってぬめりを感じたら、指で優しく洗ってぬめり取りを行います。毎日変えることが難しいと言うのであれば、菌が繁殖しないように中性洗剤を少し垂らすこともよいでしょう。


日光に当てない

太陽に直接当たるところに置くと、日光により水の温度が高くなりバクテリアが発生してしまいます。風通しのよい所におき、熱がこもらないようにするのもポイントです。


手入れを怠らなければ、美しいバラの花を長く楽しむことが出来ますよ。プレゼントにバラの花束を贈った後、一緒にアフターケアをしても楽しいかと思います。バラの花束をご注文の際には、3日前までにお願いいたします。色の指定や打合せをする事も出来ます。思いを込めたバラの花束を作る事ができます。

当日お届けサービス

当日お届けサービス





当社限定胡蝶蘭サービス









木札・ラッピングについて











ご注文の流れについて
ご注文 オンライン、またはFAX
在庫状況確認
当社より確認のご連絡
入金確認後、お届け先へ
お客様に発送のご連絡(ご希望により画像送付)